自分ではちょっと…

埋没毛の脱毛について

脱毛は、女性のみならず、男性にとっても大切な身だしなみだといわれる時代になりました。
しかし、ときには思わぬトラブルに見舞われることもあり、「埋没毛」もそのひとつです。

埋没毛は、脱毛処理を誤った結果、皮膚のなかに毛がうずもれている状態のことをいいますが、あまり見かけることがないかもしれませんね。
わかりやすくいうと、1本の毛が皮膚のなかに横たわった状態で存在していることです。

埋没毛は、家庭用器具で深剃りや逆剃り、あるいは脱毛をしているとき、抜いた毛の上端が裂けて皮膚に突き刺さることが原因で、その状態で成長をすることだといわれています。
そのため、皮膚下は「みみず腫れ」状態になり、その後自然に対外へ排泄されますが、そのまま残ると異物反応による炎症が起こり「毛巣病」へと進行するのです。

毛巣病になると、外科手術によって周辺組織も含めて摘出する必要があり、大変面倒なことになります。

女性の場合、埋没毛による毛巣病が起こりやすい場所は、ワキが最も多いといわれていますが、これは家庭用器具を使って自分で脱毛をすることが多いからだと考えられます。

たしかに、家庭用器具にはいろいろな種類ができ、小型軽量化、操作も簡単になるなど、技術的進歩はめざましいものがあります。
しかし、誤った器具の使用で皮膚を傷め、それが原因で感染症などに罹ることは絶対に避けたいことですね。

それを防ぐためにも、脱毛には衛生面にも十分注意して正しい方法で行うように心掛けてください。

<銀座カラー 脱毛美容エステ>


<体験脱毛0円!エステティックサロン トルクェ>


<エステ Gran More>